死別の悲しみの癒しのブログ

死別の悲しみを癒すためのさまざまな話題を提供します。

このブログでは、家族、恋人、親友などと死別し、悲しみと絶望の暗闇の中にいる人の心に寄り添うような夜伽話をしていきたいと思います。早く、夜が明けますように。悲しみの向こうに行けますように。

愛する人を亡くした有名人たち その2 ~千代の富士・九重親方

2016年7月31日、第58代横綱・千代の富士が、すい臓がんで亡くなりました。61歳でした。

「ウルフ」のニックネームで呼ばれ、大相撲で31回の優勝を果たし、相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞するなど圧倒的な強さと人気を誇る輝かしい人生でした。



しかし、絵にかいたような国民的英雄の人生には、ひとつ深い悲しみがありました。1989年6月に生後4か月の三女の愛ちゃんをSIDS(乳幼児突然死症候群)で亡くしていたのです。

その時の千代の富士の憔悴ぶりは激しく、体重は一気に4キロ減り、師匠の親方でさえも「もう相撲は取れないのではないか」と思わせる程だったといいます。

愛ちゃんの葬儀から2週間後の名古屋場所。数珠を胸に千代の富士は場所入りしました。

「涙を流して娘が帰ってくるなら泣く。それより、あの子のために優勝する」

左肩のケガもあり肉体的にも精神的にも追い詰められていた状況の中、一つずつ着実に白星を重ねていき、やがて勝負は、史上初の同部屋の横綱同士による優勝決定戦となります。
千代の富士は、神がかり的にこの勝負を制し、見事に優勝を果たしました。心の中で、愛ちゃんにやったよ、優勝したよ、と語りかけたのではないでしょうか。

続く秋場所では、当時の通算勝ち星の新記録を樹立し、場所後に各界初の国民栄誉賞を受賞しました。1990年の春場所で、前人未到だった通算1000勝を達成、その年の九州場所では休場明けで31回目の優勝を果たしました。

家族の死は深い絶望をもらたします。
どんなに勝負強い男のハートでも容易に打ち砕いてしまうものです。しかし、その悲しみのどん底から、娘のために自分ができることを探したのでしょう。「あの子のために優勝する」という決意は、どれほど固かったことでしょう。
彼の本当の強さは家族への愛から来るものだったに違いありません。

千代の富士の葬儀は、「早世した娘さんの葬儀をした自宅で旅立ちたい」という故人の遺志で、三女・愛ちゃんの葬儀会場と同じ自宅で行われました。

千代の富士は、いまは娘さんと再会し幸せに過ごしているでしょうか。

愛する人を亡くした有名人たち その1 ~安室奈美恵

安室奈美恵は、21歳のとき実母を殺害されています(1999年、安室奈美恵実母殺害事件)。
彼女にとって叔父にあたる人物が、母を車でひき、ナタで殴ったあと、山中に逃げ込み農薬自殺したという凄惨な事件でした。

仮通夜の夜、安室奈美恵は母を呆然と見つめ続けて大粒の涙を流し、そして白い布で母の顔に残るたくさんの傷、そして薄く残る血の痕を自分の頬を伝って母の顔にこぼれ落ちる涙で拭いていたといいます。

まだ若かった彼女にとって、どれほどの精神的なショックと悲しみだったでしょうか。
当時から安室奈美恵はトップアイドルでしたから、マスコミはセンセーショナルに報道をし、スポーツ新聞は銀座や有楽町で号外まで配る有り様でした。日本中がこの事件に注目し、ワイドショーが騒ぎ立てました。

そんな中、安室は気丈にも事件12日後には音楽番組に出演して活動を再開しています。
その後、彼女の胸の内はほとんど語られることはありませんでした。
そのためでしょうか、え、安室奈美恵ってそんな過去があったの?と思う人も少なくないと思います。

数少ないインタビューで彼女が悲しみの一端を吐露しています。一字一句の重みがズシリときます。
「母の死は私を地獄へ突き落とした。もう何もできなかった。けど、ずっとそうもしていられなかった…私も一人の母親として息子のために頑張らなきゃいけない。それが生きがい。」(2005年1月「UK TIMES」)

「母のことがあってからずっと辛かった。もう歌うことも「安室奈美恵」でいることもやめたいと思った。でも、今がどん底でもうこれ以上落ちることは無い…そう考えると少しづつ楽になっていった。」(2008年5月「AERA」抜粋)

一時期、安室奈美の左腕には次のタトゥーが彫られていました。母に対する深い愛情と哀悼の想いとどうしようもない心の痛みを我が身に刻み込みたかったのでしょう。

JUN.30 in 1950
my mother's love live with me
Eternally in my heart
R.I.P
MAR.17 in 1999

1950年6月30日(母親の生年月日)
母の愛は私と一緒に生きている
私の心の中で永遠に
rest in peace(安らかに眠れ)
1999年3月17日(母親が亡くなった日)


2002年に入れられたこのタトゥーは、その後、2013年のジャケット写真では薄くなっており、いまでは確認できなくなっています。


最近、安室奈美恵のリオオリンピック・パラリンピックのNHKテーマソング「HERO」のミュージックビデオを観ました。
映像の美しさとともに、彼女の顔立ちの凛々しさに惹かれました。



凄みのある美しさ。何よりも、悲しみの人生を生き抜いてきた深みを湛えた目をしていると感じます。
タトゥーで刻み込みたかったものは、すでに彼女自身の存在に刻み込まれているような気がします。

この曲の歌詞の一部です。

  強くなれる訳は大切な人が
  常に笑顔で支えてくれた
  だから乗り越えられる
  険しい道のりも
  君と交わした 約束の場所
  たどりついてみせる
  いつか必ずforevermore

  君だけのためのhero
  どんな日もそばにいるよ


作詞の方は、安室奈美恵ではなく、別な方なので、歌詞を深読みするのは的外れなのですが、安室奈美恵が「大切な人が常に笑顔で支えてくれた」と歌っているところを聴くと、胸にぐっと来るものがあります。

これからも、一ファンとして安室奈美恵が大きく羽ばたいていくさまを見守っていきたいと思います。

藤子・F・不二雄の読みきり作品「ノスタル爺」

YouTubeにある藤子・F・不二雄の読みきり作品「ノスタル爺」は切ない名作です。
永遠に失われたはずのものがそこにあったとしたら・・・。もう一度、その人の生きている姿を見守ることができたら・・。



この物語のエンディングをあなたはどう見るでしょうか。

愛する人と過ごせていた当たり前の日常。その人の笑顔、その人の声。それがどれだけ価値のあったものか実感している人には、特別な物語だと思います。

どんなにはたから蔑まれようと、どんなに生活が不自由であろうと、その人のそばに居られさえすれば。
その人の笑顔を見て、その人の声を聞く---不条理で残酷のこの世ではなく、覚めない夢を見続けられたら。

まさに、あり得ない夢物語。
ただ、愛する人への想いを強く持ち続ける人にとっては、一刻(いっとき)の癒しとなる物語だと思います。